読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Papier ist geduldig

続かない日記を気の向くままに…

男の子の名前を考える

 

男の子と分かってから、私の一日は我が子の名前を考えることに割かれています。

 

実はなぜだかわからないけど、ずっと私に宿っている命は女の子だと信じ疑いませんでした。

仲良くしてくれている義姉からは「母親の勘はあたるものよ〜!」なんて言われていたのでますます女の子だと信じて疑わなかった日々。

こんなお洋服を着せて、とか自分の母校に行ってほしいなんて思いを馳せつつ過ごしてきました。が、見事に外れた母の勘!!

 

考えてみれば私には兄が2人、従兄弟も全員男。 夫も2人兄弟。義兄には2人の甥っ子。私サイドで言えば、甥っ子が1人で姪っ子が3人なので若干女の子が優勢だが、バリバリの男家系。

 

ということで、男の子のお母ちゃんになる私ですが…

 

最近の人気名前リストを見ると、正直驚く。

確かにかっこいいけどね、かっこいいけどさ…。

若いお父さん、お母さんならありだと思う。でも私みたいなオバサンにはちょっと。。。

考えれば考える程、どんどん煮詰まっていくのは、バリエーションが多すぎて、選べない!

とりあえず姓名判断の画数で良い画数だとされるものをピックアップしてみたが正直ないなぁって思うものばかり。

 

そこで、色々な人のアドバイスを含め、譲れない条件を考えると、

 

1. 音から考えて、その後漢字を考えたい。そしてその音は意味のある単語であることが望ましい。

例えば「あきとし」など漢字で意味を持たせるのではなく「みなと」のように誰もが音を聞いたらそのものを想像出来るような名前。

 

2. 漢字を決める際は訓読みを音読みのようにはしない。正しい読みのみを使いたい。 例:一を「いち」ではなく「い」と読ますのは不可。

 

3. グローバルな名前でなくてもいいが、混乱し得る名前は避けるたい。YouとかMami (mammy) など。

 

まだまだ時間はあるとはいえ、本当に長い道のりになりそう…

 

最新版男の子の幸せ名づけ事典

最新版男の子の幸せ名づけ事典

  • 作者: 阿辻(二点しんにょう)哲次,黒川伊保子
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2011/01/26
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る