読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Papier ist geduldig

続かない日記を気の向くままに…

やりのこしたこと

f:id:eir0000:20161128085402j:image

高校時代の友人がご主人と1歳半になる娘さんを連れて遊びに来てくれました!

臨月の私を気遣ってくれて我が家での開催。久しぶりにお客様をお招きするので、お掃除とかお料理とか頑張った!!

実際、彼女がこの後メキシコ料理を大量に持って来てくれたのでテーブルには所狭しとご飯が並び豪華なランチになりました。

 

たまにはこういうのもいいなぁ💕

 

シマちゃんが小さい子に意地悪しないかすごく心配で、目が離せなかったけど、実際は彼女に「にゃんにゃん、にゃんにゃん!」って追いかけられ、逃げ回るシマちゃん…。 その後ぐったりしてました笑

 

噛んだり、引っ掻いたりしなくて本当よかった…。

 

出産予定日まで20日を切り、いろんな思いが交錯する中、友人から「やりのこしたことない?」と聞かれて少し困惑…。やりのこしたことかぁ…

 

夫とは学生時代のお付き合いの延長線で一緒に暮らし始めた。

病院を辞めて学者になるために海外に行く!という夢を応援してくれる訳ではなかったけど、それでも別居状態を許してくれた。(その代わり籍を入れることが条件)

 

お互い好きに仕事をして月に数日会えればいいほどの夫婦関係。 

そんな生活も5年になり、すっかり慣れてきたし、もう子供も授からないだろうと諦めていた矢先の妊娠発覚。

そのまま帰国してずっとお家にいるようになった私。

 

いろんな意味で変化のある、ジェットコースターのような数ヶ月だった。

 

正直、やりのこしたことはたくさんある。

 

時間はあったのに、自分の研究もほったらかしにした。論文も書かなかった。

半年あれば外国語だってマスターできたかもしれない。

 

でも、この妊娠期間、自分の人生、これからの人生を見直す良い機会だった。

 

喧嘩も多かったけど、ずっと「彼氏」であった夫と家族の絆を深めることも出来た。

今まで考えられないくらいよく話し合った。

 

孤独な研究者で、お酒と睡眠導入剤にかるく依存しかけていたこの数年。

自分でもこのままいったらヤバいっていうのはわかってた。 妊娠できないのも当たり前だと思ってた。

息子は私の命の恩人。

 

つわりもなく、私を太らせもせず、頭は下にあって、お腹の中で困らせてくることは全然なかったなぁ。。なんでいい子なんだ!

 

今まで、散々好きにやってきたから、息子のために残りの人生を捧げてもいい。

家にいる必要があるなら家にいるし、働く必要があるなら働く。

みんなそうやってお母さん、お父さんになっていくんだと思う。私の場合気づくのが遅かったけど。

 

私が両親から掛けてもらった愛情(と、お金…。汗)と同じぐらいは、惜しみなく息子にかけてあげたいな。

 

予定日まであと17日。

早く出てきてくれてもいいよ〜!